アフィリエイトでぼろ儲け?ダメになっても現金化可能!

嘆きが止まらないアフィリエイト初心者にとっての壁

 

アフィリエイトは稼げる、アフィリエイトで年収数億円という情報が出ていた時期から一服。気軽に無料ブログで誰でもいつでも簡単に出来るとあって大ブームになったアフィリエイトですが、その人気に便乗した詐欺や有料商材が問題化したり、初心者が安易に参加して失敗するケースも。

アフィリエイトに限らずブームになったらそれを利用して稼ごうとする人が集まってくるのは当然のことです。誰もが簡単に稼げるとなれば興味を持つでしょう。その結果アフィリエイトの本来の姿が見えなくなってしまって誤解をもつ人も増えたと感じます。アフィリエイトそのものは日ごろのネット利用でもおなじみの仕組みなので決して違法でも、問題ある仕組みではないのです。ただ、初心者が簡単に稼げるかというとそれは少し違っています。

 

稼げると思ったら全然稼げないと感じる理由と稼げる人の違い

アフィリエイトサイトを経験して

 

もはやアフィリエイトと検索すれば定番のように出てくるワード「稼げない」「稼げる」の2つですが、長年多くのアフィリエイトサイトを経験して言えるのがどちらも正しいということです。稼げないのは初心者には当然です。稼げるのはノウハウを知っているなら当然です。アフィリエイトは限りなく売り上げが上がるパターンが決まっています。

それは膨大なアクセスと、広告にアクセスしてくれる仕組みです。これが出来ないのが初心者なので稼げません。これが出来ると稼げます。答えは簡単ですが膨大なアクセスを集めるのと、広告に人を流す事はそうそう誰にでも出来るものではないです。なのでアフィリエイトは稼げないというのは正しくて、もっと正確に言えば「アクセスを集められない人、広告に人を送れない人は稼げない」のです。

 

アフィリエイトで儲かっている人はどういう人なの?

 

アフィリエイトで稼ぐのは初心者には厳しいのは分かるとして、稼いでいる人はどういう人かというと几帳面な人でもなく、文章を書くのが好きな人でもなく、暇な人でもありません。アフィリエイトで稼ぐノウハウを持っている人です。それもインチキの商材だったり、ネットビジネスだったりを使っている人ではありません。

アフィリエイトは、大手ならYahoo!JAPAN、Googleといった大手企業の広告も広い意味ではアフィリエイトと同じです。ネット上にコンテンツを置いてそれを使って集客をして人が集まる場所に、広告を掲載して広告収益をあげる。単純な仕組みです。広告を使ってもらわないと報酬が確定しないので、子供だましのような仕組みだと一生売り上げになりません。なので技術力がないとアフィリエイトで稼げるノウハウは持てないです。

 

アクセスを圧倒的に増やして広告を使ってもらうノウハウがわからない

膨大なアクセスに比例して利用者が生まれる

 

ポイントはここです。アクセスを増やす手法は多くネット上でもいくつかのやり方が書かれています。SNSを使うとかです。実際にTwitterを使って自分の立ち上げたアフィリエイトブログの新しい記事のURLを書き込んでみれば数名以上の来場はあります。あくまで来場者なのでその中から広告を使ってもらって広告から移動した人がサービスを使うかどうかとなればほとんどゼロです。

所がこの来場者が10人なら広告を使う人は0人だとしても、10000人なら10名が広告を利用する可能性があります。アフィリエイトの難しさは小細工よりも、膨大なアクセスに比例して利用者が生まれる現実です。

 

ネット広告経由で商品やサービスを購入する人は必ずいます

 

ネット広告をクリック(タップ)して広告の詳細ページに移動する人は多くはありません。実際のところネットでニュースを見たり記事を見たい時に広告を見ていますか?邪魔ですよね。邪魔な広告から経由して移動するのも嫌でしょう。それは当たり前のことです。時間の無駄ですよね。

ところがニュースとか検索をかけて自分が欲しい情報にたどり着いたとして、そこに以前から探していた商品が出ていたらどうでしょうか。欲しかったけれど名前を忘れて検索できなかったとか、買おうと思っていたけれど忘れていたとかです。以前はお金が無くて買わなかったけれど、今日は大金が入って購入意欲が高まっているかもしれません。

こうした見込み客(サービスや商品を買ったり利用してくれる人)は少ないですが存在します。なのでアクセス数が10人だとゼロでも1000人とか10000人とかなら出会う事ができるのです。過去に多くの事例を見ても、自分で運営しても結局は膨大なアクセスが売り上げに繋がります

 

細やかなテクニックを使うのはアクセスが大きくなってから

広告経由で売り上げを上げないと収入はありません

 

アフィリエイトが広告経由での売り上げからのキャッシュバックだとしたら、広告経由で売り上げを上げないと収入はありません。一般の人の購買パターンはAmazon、Yahoo!ショッピングなどの普段使っているネットショップでの購入です。価格にこだわる人、ネットに慣れている人なら価格コムを使って最安店舗、口コミを見てから購入するかもしれません。

投資や副業なら検索結果から移動した専門サイトで広告を利用するでしょう。こうした基本パターンと外れたアフィリエイト経由でのサービス利用をしてもらうにはテクニックも多くあります。サービス解説記事を書いて自然に広告を使う展開を構築するとか、付加価値をつけて広告経由でサービスを使ってもらうとかです。こうした技術面を駆使するにもアクセスが必要でしょう。

 

アクセスが高ければ売り上げが上がる。技術があればもっと上がる。

 

アフィリエイトビジネスの良さは「自由」です。副業として暇な時間に自分が書きたい記事を書いて利益を目指す事もできます。本業でやっている人もいますが時間制限は無い、いつでも休憩できる、好きな日に休めます。ただ前記のように最初はアクセスを集めるのが大変なので売り上げが思うように上がらないものです。

アクセスの主体になっているのは現在ではGoogleの検索結果からの流入、SNSです。YouTubeも含みます。記事数が多いほどアクセスが多くなるとか、記事数は関係ないとか結局はアクセスを上げるために検索結果に反映されていくかどうかを考えています。

いつでも自分が好きな時に更新をして、気長に運営していくのに向いているアフィリエイト運営ですが売り上げが全く無いと意味がありません。多くのアフィリエイト初心者は売り上げが上がらない事で廃業していきます。常に新規参加者がいますが同時に廃業者も多いのがアフィリエイトです。

 

アクセスを上げるテクニックの基本は日々の観察力

アクセスを集める方法を考えないといつまでも売り上げが上がりません

アフィリエイトサイトのアクセスが日に10000人、100000人あれば売り上げが上がりやすい事は理解すれば、アクセスを上げる為のノウハウを知りたくてネット上を検索するでしょう。既に多くの人が検索をして実行しようとしますが、簡単には出来なくて挫折して諦めます。

そして強者には有料広告(リスティング)を使うという手法もあります。アフィリエイトは広告を掲載してその広告を利用してもらうことで利益が発生しますが、広告を掲載しているサイトそのものを広告して集客しアクセスを伸ばすのです。リスティング広告は資金がかかるので資金が多いほどアクセスを集めます。

もしここで資金が無いなら、リスティングを使う事無くアクセスを集める方法を考えないといつまでも売り上げが上がりません。資金を使う事無くアクセスを上げるのには相当苦労します。すぐにアクセスは上がらないので待ちきれずに廃業してしまいます。

 

資金無し、ノウハウ無し、やる気だけの初心者から始まる成功

 

初心者として初めてアフィリエイトをするときに高額な資金も無くノウハウも無い状況ということは珍しくありません。ゼロから始めて成功しないということはなく、時間がかかるということは確かです。最低でもこの部分を受け入れることができないと1000万円どころか1万円の稼ぎも出ません

アフィリエイトで収益を上げている現役の成功者は段階を踏んで高額な売り上げに至っています。今日開始して来週に成功していません。売り上げはアクセスと共に右肩上がりで推移していきます。場合によっては長い平坦な横ばいグラフのままで推移するかもしれません。イメージはどの場合でも似ていて初期段階ではSNSで告知してもアクセスゼロから100以内、記事をいくら増産していってもGoogle検索で上位表示されません。

記事を20にしても100にしてもすぐに検索結果には上がらないけれどGoogle検索結果には時間をかけて反映されてきますから記事の濃厚さ、ユーザーライクさ、的確な答えが得られるように記事を調整しながら記事数を増やして準備していく過程は非常につらい作業になるかもしれません。しかしこれを乗り越えるかどうかなので耐えてきた人が最前線に立ち続けています。

 

持久戦に勝つのは僅かな限られた人だけの世界なのがアフィリエイト

 

アフィリエイトで収益を上げる為にはノウハウが必須です。それ以前にベースとなるコンテンツを制作できるかどうかがカギです。基本コンテンツの作り方はネット上に出尽くしているので誰でも基本部分は制作できるはずです。

 

  • ジャンルを選んで記事を10~100程度投稿しネット公開する
  • SNSを立ち上げて制作したサイトのURL、記事を公開する

 

記事をいくつもアップしてネット上に存在させていく作業が第一。SNS(Twitter、Instagram等)から記事リンク、サイトリンクしながらGoogle検索結果に反映していくように育てていく。こうした基本ノウハウは検索をすれば出てきます。しかしここまでの基本情報は誰にでも本気でやろうと思えばできる事なのに、実際にやってみるとアクセスが伸びず、売り上げも当然上がってこないという経験をする人が多くなっています。

理由はGoogleの検索結果に対する考え方の変化も影響していて過去の比較的対策が簡単だった手法では検索上位に表示されなくなったことがあります。記事の文字数を多くしても、キーワードを詰め込んでも、それだけでは検索上位に表示するのが難しくなったことで検索結果からの流入で利益を上げやすかった時期に比較すれば難易度が上がったと考えて良いです。

 

難易度が上がったとしてもコツコツ専門分野とオリジナルコンテンツで稼ぐ

アフィリエイトで稼ぐ人になるために

アフィリエイトで稼ぐ人になるために、必須なのがサーバーとブログです。サーバーとWordpress+テーマの組み合わせでサイトを作る事が最初の行動ですが、この時にポイントになるのが速いサーバーを使う事と、Wordpressのテーマをアフィリエイトに最適なものにしておくことが有利に進むでしょう。ドメインを取得して、サーバーを契約して、サーバー管理人室で自動でWordpressをインストールしたら、アフィリエイト最適化されたテーマを入れます。

今見てもらっているこのサイトはDIVERを使っています。ドメインを取得するのに初心者でも使いやすいのがラッコドメインでドメインを取得したら長く使えて管理人室が初心者でもわかりやすいのが、ロリポップサーバーラッコサーバーです。アフィリエイトで成功するのにWordpressに使うデザインテンプレートであるテーマとしては、AFFINGERがカスタマイズをあまりしなくても使い始めやすく、細かいカスタマイズをするのにはDIVERが使いやすいでしょう。

個人的には最初にAFFINGERを使って記事ページを書く事に慣れてきて細かいカスタマイズをしたいと思ったら、DIVERも使ってみるというのがおススメです。個人差があるので自分が使いやすいものを使ったほうが更新スピードも修正も容易にできるようになります。アフィリエイトでは文章、画像の配置、広告の配置が個人差の出るところですが、スムーズに文章を書けるかどうかは作業効率に影響するので、直感的にインターフェースが使いやすいほうを選ぶべきでしょう。

 

アフィリエイトは継続をしながら効果を確認して修正できる人が勝つ

 

この記事を書いている管理人の場合収益を最優先していないので徹底した広告掲載とかギミックを使っていませんが、収益を最優先するブログを運営するなら相応の仕組みを取り入れると収益だけを最優先するサイトが作れます。問題は例えば広告ありきで記事を構築してLPページのようなものを寄せ集めたサイトにしてしまうと、自然流入での読者の定着が難しい点です。

明らかに広告先の解説だけを優先した記事を量産するなら有料広告(リスティング)で集客するのが効率的かもしれませんが、理想的なのが広告最優先ページの量産よりも、広告抜きの有益コンテンツをベースにして、関連広告を適切に掲載して利用してもらう形です。以前はこうしたタイプのサイトを運営するのに記事数が50~100あれば一定の収益を得られた時期もあったものです。

それはキーワードを集中して詰め込んだら自動的に検索上位に上がる、被リンクを増加すれば上がる仕組みがあったためで現在ではほとんど意味をなしていません。過去に日に数万のアクセスがあった古いサイトを現在見てみると日に数百に下がっているほどで、SEO(Googleの検索結果への反映基準対策)は変動しています。スマホ対応しているか、表示速度はどうか、ページの専門性や信憑性等細かくチェックするようになると、記事数だけではどうにもならなくなりました。

そのため例えば一つのジャンルに絞ったらそのジャンルの細やかな事柄に対して起承転結を基準にして作りこんだ記事を1つのドメイン下に1つのサイトとして集約するサイトが評価されてきています。1つの記事で問題提起して解決し読者に納得してもらえるページを多く持っているかどうかを考えないと厳しいと言えます。数ページで膨大なアクセスを取る事は難しく100と言わず1000、2000記事を持つサイトが評価の高いページを参照して類似した書き方で修正を加えながら更にページを追加するといった労力を伴う運営をしなければ難しい時代になりました。1ページの来場者が1人~10人でも1000ページあればサイト内リンクも考慮すれば全体では多くのアクセスに繋がります。サイトのページ数が100以下なら全ページを日に1人来てもアクセス100でしかないです。日に100人来るページを1000ページ持っていれば100000アクセスとなります。このくらいあれば広告最適化で十分利益を上げられる可能性があります

 

外注記事・AIを使ったアフィリエイトページ増産は有効か

 

アフィリエイトサイトを立ち上げる所まで準備をして、自分で記事を書き始めると専業ではないなら余計に記事の増産の効率を考えるようになるでしょう。楽をしてページを増やせないかな?と考えるのは有能な人なら尚更当たり前の考え方です。外注をしてライターに記事を書かせたら?と考えます。最近だとAIを使った記事の執筆も視野にはいるかもしれません。

クラウドワークス、ココナラといったクラウドソーシングサイトが台頭しているので安価で外注することは簡単です。個人的に複数のライターに記事を依頼した事がありますが現実問題として自分が理想としている記事が簡単に書けるかというと難しいのも事実です。私自身が書く文章と他人が書いてくる文章はそもそも言い回し、流れが異なるので重ねて修正を依頼するか、一定の基本を書いてもらって自分で修正することになります。

もともと自分でライティング出来る人ほど外注して出来上がってくる文章や構成に修正点を見つけやすいので最終的に多くの箇所を修正したり、書き直すかもしれません。外注を依頼するときは完成形を求めてもうまくいかないものです。外注に向いている記事は定型文に近いようなものが良いです。例えば自動車関係のブログを作ろうとするなら車種別のスペックとかの雛形を渡して車種スペック、車種の概要を記載してもらうとかです。人によって表現が異なってくる文章を外注すると、自分が書いていないので同じにはなりません。

この辺りを容認できるかどうかと同時に自分にライティング能力があるなら外注をすることでサイト全体の雰囲気の相違が出てしまうのを避けるために結局は自分で記事を書いたほうが良いと感じるかもしれないです。外注を使って資金、修正のせいで時間まで使うなら意味が無いですね。

 

AIを活用して記事を量産するとどうなるか?

 

ChatGTPの話題が世間を賑わせていて、アフィリエイト記事に転用する情報が出始めました。AIは質問に対して回答を返すので記事に関してもある程度対応可能です。外注をして人に書かせて修正が入るならAIでも同じことです。外注をしてライターに書かせた場合、ある程度校正はするので間違いは少ないとしてもミスはあります。AIの場合膨大な情報の中から選択して吐き出してくるので信憑性に関しては全く的外れな事もあることから、返ってきた回答の内容を全て確認してから記事として公開する手間もあるでしょう。

外注とAI、共に後から修正が必須、整合性や信憑性、情報の正確性を考慮すれば似たようなものなのでどちらも手間はかかりますが初動のネタ探しには十分使えると考えます。何気にワードを投げると回答が出てくるのでその回答を基にして自分で記事を書いていくのは有効でしょう。記事を書くときにワードを意識したり、トレンドを意識することで、自分なりの付加価値も付けられます。どちらの場合も丸投げはダメだという事だけ意識すれば良いでしょう。

 

アフィリエイトで年収1000万は厳しいけれど不可能ではない

アフィリエイトをやっていくのにマインドは大事

アフィリエイトをやっていくのにマインドは大事です。利益が上がらないのを分かっていたらやる気にならないでしょう。実際のところ多くの人はアフィリエイトサイト運営をしようと考えても実行に移さないものです。理由は多くの儲からないという情報、中には詐欺に繋がっていた情報もあるので誤解されてしまいやすいこと、手間がかかること、利益が上がるのに時間がかかることなどです。

現実としてアフィリエイトサイトを運営して年収が1000万円を超えている人は多く存在しているので不可能ではありません。独自にノウハウを積み重ねていて自分なりの自信のあるやり方を確立していたり、常に時代に合わせて修正している点など初心者が適当に始めるのとは運営方法が違います。なので正確には初心者が今日初めて来週にすぐに稼ぐことは不可能だということで、長期間継続して運営をして広告を利用してもらえるように最適化すれば可能と言えます。

 

アフィリエイトブログは嫌になってもお金にできる!

 

アフィリエイトサイトの凄さはやりはじめて嫌になっても、病気になって運営できなくなってもいつでもお金に変えられる事。この方法を知っておくと後で困りませんよ。やり方は簡単でラッコサーバーで契約しておいて、ラッコドメインを使っておくだけ。そうすればラッコマーケットですぐに即売却に出品できます。

 

①ラッコサーバーで契約する

②ラッコドメインでドメイン取得

③Wordpressを自動インストールする

④10記事書いてラッコマーケットで売却

 

これだけです。ラッコサービス内で契約してブログを作っておけば、いつでも出品できて他のラッコユーザーに即座に売却完了するのです。ラッコID間で即座に権限が移行してお金はラッコ側から口座に送金されてきます。非常にスピーディーです。これを知っておけばラッコサーバーでブログを作る意味、いつでもやめられる安心感がありますね。

 

おすすめの記事