生活費が足りないならあきらめないで行動するだけ

お金を借りる段階ですでに返済を意識できるかどうか

 

結論から言うとお金を借りる事は悪ではありません。お金の借り方、借りる理由、返し方が問題です。過去にお金の借り方返し方のコンテンツを担当した時に得たお金を借りる状況から完済までのポイントを解説します。お金を借りて危機を脱する事は無駄に我慢をして苦しむ過程を無視できるので、悪い事ではありません。お金を借りる理由と完済を確実にすることができるなら借金は使うべきケースもあります。

 

生活費が足りない時は借金をして切り抜けるほうが絶対良い

借りるのは間違いじゃない

 

生活費とは、日々の生活をするのに絶対必要なお金です。毎月仕事をしていて収入があったら足りない事は余り無いはずです。しかし働いている会社が倒産したとか、お店が閉店になったら給料が止まります。そうなったらセーフティネットが自治体にあるので利用するほうが良いですが、こうした仕組みは即効性が無い事がありますから、明日、明後日の生活費が足りなくなるかもしれません。

そういう時は借金をして一時的に借りて生活を維持することに全力になったほうが良いです。なぜなら生活が止まったら次の収入に繋げにくいからです。一時的にマイナスになったとしても継続して仕事が出来る状態を維持しておけば、収入に繋げられます。危険なのが収入が下がったとか止まったからといって、生活を放棄してしまってホームレス状態になったり、家賃滞納を積み重ねてしまい詰んでしまう状態になることです。これを避けないといけません。

 

こんな生活費は借金をして支払いを継続すべき

 

  • スマホの代金(自分以外の人と連絡が取れる事が必須)
  • 毎日の食事、飲んでいる薬があったら薬代
  • 賃貸に住んでいるなら家賃
  • 自動車通勤、バイク通勤をしているならこれらの支払い

 

など日々の生活を維持するためのお金が足りない時は借金をしてお金を用意することを優先したほうが良いです。お金を用意するときに優先順位として次の方法を試すほうが良いです。社会福祉で相談して無理なら親族や友人、それが無理なら消費者金融で借りるようにします。

 

  1. 社会福祉を使った資金の調達
  2. 友人、親族に頼った借り入れ
  3. 一般企業からの借り入れ(消費者金融など)

 

社会福祉だと2023年段階で生活福祉資金貸付制度があります。こうした利子が無いとか、低金利、給付制度といった国が率先して行っている対策は貧困者救済として出されているので生活費に困ったらあきらめずに利用して損は無いです。中には非課税だと返済を免除してくれるような事例もあります。利用時には詳細を読み込むか担当に聞いて利用してください。

友人や知人、親族からお金が借りられるなら即効性があるので、借りてください。生活が出来ない状況になって放置するよりも一時的に借りてから後で確実に返済すれば良いです。気を付けたいのが友人とかだと信頼で貸してくれる事が大半なので決めた返済日を守る事は絶対です。

 

金融会社で借りて完璧に返す方法を最初から考えておく

返せるなら問題ない

 

一般企業からお金を借りるには信用が必要です。しかしこれまでアルバイト、パート、正社員、公務員として働いてきていて一時的に生活費が足りない事態になった人なら、信用は既に過去の勤務期間によってある程度できています。過去に既に借り入れをしていて延滞とかをしている、スマホの分割支払いを利用していて延滞したことが多いという方は難しいですが、消費者金融をいくつか申し込めば直近に延滞や不払いが無かったら審査通過事例があります。

仕事を継続して行ってきた人なら消費者金融の信頼は高くなります。今後も継続して収入があるなら返済の事を事前にしっかり考えていれば借り入れは決して難しくないです。前記のように暮らしに必要なお金は確保をして、働きながら立て直すのが良いでしょう。

 

多くの同じ境遇の人が利用している正規金融業届け出会社

 

業者からお金を借りる時は借りやすいこと、返しやすい事(金利を無謀な率にしていない会社)、毎月の返済計画が正しくできること。業者からお金を借りることは怖くありません。正規金融業者登録をしている会社を選んで利用すれば2023年現在は最高金利でも年利18%以下です。なので必要なのは仕事を継続して収入を維持して毎月きっちり返す事が大事です。

 

申し込みページ 最高年利 最高返済回数
最短即日でご融資も可能【デイリーキャッシング】 18% 360回
【全国対応】即日キャッシングの[いつも]※来店不要※ 18% 60回
お気軽にご相談下さい【ハローハッピー】 18% 48回
パーソナルクレジット【セントラル】 18% 47回
【女性専用キャッシング マイレディス】 18% 60回

 

生活費にこそ金融会社から必要な額を借りて乗り切るほうが良い

生活費を借りるのは正しい

 

生活費で特に重要なお金は「食費」「光熱費」「通信費」「家賃」です。優先順位で言えば食費が最優先だと考えてよいです。毎日きちんと食べるということは精神面、肉体面で健康を維持することができるので絶対に食事は我慢しないほうが結果的に得になります。無理をして食事を抜いたりして過ごすと仕事でミスをしたり集中できなかったり病気になったりして借りるお金よりも損失が増えます。なのでお金が足りなくて食事に影響が出たら借りるようにしたほうが良いのです。借り方と返し方のポイントを忘れないようにすればお金を借りても怖くありません。

 

  1. お金が無い状態なので食費を節約して少ない金額にする
  2. 必要な食費が5万円なら5万円だけを借りる
  3. 給料日までのつなぎに使うようにする
  4. 無駄なものを買ったり贅沢な外食にお金を使わない
  5. 返済前に繰り返し追加でお金を借りない
  6. 毎月の返済額は払える最大の金額を支払う
  7. 毎月の支払、完済日をしっかり把握しておく
  8. 返済計画を変更しないで毎月着実に返済する

 

こうした正しい使い方をするようにすれば、生活費を借りる事は将来に繋ぐという意味で有利な借り方です。返済に問題がなければ家賃や光熱費も必要最低限な金額を借りるようにしましょう。この中で、光熱費は毎月きちんと支払っていれば即座に供給が遮断されるわけではないので、急ぐ必要は無く家賃に関しても事前に連絡をしておけば支払い期日を伸ばしてくれることが多いので、収入に一時的な問題がでた段階で早めに連絡をしましょう。生活費の中で食費だけは日々必須なものなので、借り入れで確保するのは間違いではありません。

おすすめの記事