中田敦彦氏の松本人志氏への提言が盛り上がっている理由
©YouTube|中田敦彦

WEBライターから見た中田敦彦氏のプランディングの高さ

 

中田敦彦氏のツイッター、YouTubeから発している各芸人への波及。実際のところ一般人を巻き込んで騒動になっていますよね。ここでは芸能系のライティングも経験があるライターからみた中田氏のやっていることの意味、それに影響されている人たちの状況をライター目線で考えてみます。

中田敦彦氏のユーチューブはこちら

 

松本人志氏の圧倒的な過去実績があることが大前提

 

そもそも芸能人とは何のために存在しているかを考えた時、視聴者あっての芸能人と言えます。視聴者が芸能人、ここでは所謂お笑い芸人というくくりで言えば、お笑い芸人の芸を見て幸福感を得たいと考えています。それが漫才かもしれないし、コントかもしれないし、司会進行かもしれません。

要はファンがスターを認めているかどうかなので、それを軸にするならば現実として松本人志氏に対するファンの信頼度は圧倒的です。だからこそ企業は松本人志氏を支持するし、TVにも出続けているわけですね。

 

賞レース・番組も視聴者の動向が全ての軸になっている

 

世の中の広告、WEB、TVも漏れず世間の興味や評価をリサーチして視聴者が何を見たいのかを常に調査しています。そんな中であらゆる番組は見たい人がいるから、期待されているからそれが存在しているわけですね。なのであくまで視聴者が「現時点で」見たい番組、賞レースが存在しているというわけです。当たり前なのですが。

では松本人志氏が賞レースの審査員をしているのはどうしてか?を考えると、必要とされているからだということは安易に想像できるはずです。松本人志氏が俺が!俺が!いくつもの審査員を無理やり自分をねじ込んで参加しているというのではなく、松本人志氏を必要としているからそうなっているということでしょう。

仮に松本人志氏1人きりのみの審査であれば問題でしょう。しかし他にも共同審査員がいるため公平性は保たれるでしょう。中田氏は過去に多くの偉人がいるのに彼らは松本氏のように審査員をしまくっていないと発言していますが、審査員をするのには「コメント」「的確なアドバイス」を求められる場面が多いため、そうした能力も同時に持っている点も見逃せません。

つまり、場を盛り上げる力、常に笑いに転換できる才能、審査員としてのキャリアと分析力、公平性を持っているのが松本氏であるといえないかなと。

 

中田氏の発言は言いたくなるのは理解できる

 

但し、中田氏の発言や考えは理解できますよね。要するに「松本ばっかり凄いって言われてずるい!」という感覚です。これは松本人志氏があまり好きじゃない人、松本人志以外のお笑いが好きな人も持っている感情かもしれません。「いやいや、絶対にダウンタウンより中川家のほうが天才だ」と考えるようなもので、それがひねくれると松本人志氏批判に繋がってくるかもしれません。

 

ちょっと中田氏の感覚と松本氏の感覚の違いも影響

 

例えば松本氏の笑いに関する発言というのは、本質は「もう少し違う表現にしたらもっと一般の人は分かりやすいからウケるかもしれない」とか「自分は理解しているし面白いけど、一般の人があれを理解しているのかな」といったところを指摘したいところを、あれは芸人への介入だと批判してしまうと審査員は何も言うなってことになりますね。

なので中田氏は独自の観点で物事を判断してしまっている部分があるため、松本氏と2人きりで正面から向き合って説明を受けたらまた違った視点が持てるのではないかなと。

 

他人の批判をするなと言いながら圧倒的な批判をしている事実は

 

 

松本人志氏への提言の動画の中での発言が顕著ですが、他芸人に対して批判的な事を言うなという発言があります。ここで感じる視聴者もいるはずですが、この動画そのものが松本氏を思い切りコキおろしているわけですよね。これはどういうことなのかな?という疑問。

執拗に言っているのが審査員を多くやるなという点と、自分が批判されたという点。要するに自分が批判されたことで個人的に不快感を持っており、それを爆発させています。

 

ライター目線でこの流れを穿った視点で見てみると

 

ここまでの流れがあって、ここでライター気質だと厭らしい目で解析してしまう癖を使って違うメガネをかけて見ていると次のような事があって、行動しているとしたら中田氏は戦略家であるし、壮大な撒き餌を撒いている可能性が無いかな?と思うのです。

 

  • 自分の知名度をもっと上げる為の戦略
  • 強大な偉人を相手にすることで圧倒的な注目を集める
  • 中途半端な事をすると倒れるので覚悟を決めて本気で挑む
  • 他の芸人の名前を意図的に出して保険もかけている

 

としたら素晴らしい計画ですよね。この動画を出す事で芸能界が揺れるほどの騒ぎになるとしたら、広告費が相当浮くでしょう。中田という名前がネット上にまき散らされます。効果的です。賞レースを取った芸人は何も言えないだろう?という煽りまで入れている辺りは効果的です。更に後半では喧嘩腰にも見えるほどなので煽り方は本気です。覚悟がないと出来ないでしょう。相当な覚悟で発言しているので迫力ある動画となっています。

もしかすると動画を見て不快感を感じる視聴者もいるかもしれないし、同業の方なら本気で怒りを持つ人もいるかもしれません。そういう話し方、口調、言葉を選んでいるのが凄いです。著者はこれは戦略だと見ています。収益化を停止するという事も言っていますが1本の動画の収益化を停止しても視聴者は他に流れていくので同じ事ですから、根本は自身の収益化、集客、知名度向上の為のプランディングの天才としてみると自己プロデュース力は凄いでしょう。

これらの撒き餌を見てまともに反論しまくったり、相手にしていると「まんまと戦略にはまる」のではないでしょうか。松本人志氏を利用した広告戦略。穿った見方をすれば完璧で効果的で中田氏にしかできないプロのやり方かもしれません。

 

おすすめの記事