年金が足りなくて生活できないなら稼げる高齢者になるために

年金が少なくて生活できない高齢者が増加する日本で生き抜く方法

 

現時点で年金を受給している人の数は令和3年度時点で7698万人。(資料:厚生労働省年金局年金状況PDF)年金受給者数は減ることなく増加しており、令和2年度末から令和3年度末で33万人増加しています。年金自体が破綻する可能性は極めて低く、国は対策を常にしているので無くなる事は無いですが、支給開始年齢が変化したり支給額が変化する可能性はあるかもしれません。

昨今話題になっているのが年金支給額が少なく年金だけで生活するのが難しくなっているという問題です。年金額は過去の支払い状況、属性でも変動しますが物価変動、個人の高齢者になった時点での生活環境でも個々の差がでています。中には最低限の生活をするのも困難、収入を年金以外で得る事が難しい高齢者もいて生活困窮に苦しむ人もいます。こうならないために対策ができないか考えます。

 

年金が少なすぎて生活に苦しむ高齢世帯が増加しています

Yahoo!ニュースで出ていた年金問題
©Yahoo!ニュース

出典:Yahoo!ニュース(URL変更考慮の為TOPページ)

「生活が苦しくとも誰にも相談できない」「身近に助けを求められる人すらいない」

 

年金が無い、足りないという事で老後の生活に困窮する世帯があります。個々の状況によっては生活保護を活用したりもできますが、自分でお金が稼げるなら年金の金額は決まっているので年金以外の収入を確保できないかを考えていくほうが現実的です。パート、アルバイトが身近ですが勤務先まで出向いて身体を使って誰しも出来るとは限りません。複数の収入確保ルートを持っておくほうが良いですよね。

 

現時点での年金受給年齢は原則65歳以上の方から

 

原則65歳からしか年金は支給されません。(参考資料:日本年金機構)また一定要件を満たすと60歳から65歳までの間、繰り上げ減額支給(繰り上げ支給)、66歳から75歳まで繰り下げて増額支給(繰り上げ支給)を選択可能です。要は現時点で60歳以上ということは、ネット関連のスキルを持っている方が多くはない可能性があります。

例えば著者は現在40代ですがWEB関連の仕事をしてスキルを持っています。ネットが普及したり、多くの業種がネット依存しはじめた社会になったのがここ10年程度なので、現時点で年金を受給している年代の方はネットを介した収入を得るスキルを持っている人が少なく、パソコンやスマホに関しても高いスキルを持っている人が多いとは言えない現状がある点も注目したいです。

 

将来年金を受給する現在10代~50代の人は副業スキルを付けておく

足りない年金をカバーする

 

年金が無い、少ない前提で老後を過ごす事が分かっているなら貯蓄をしておくことが必須となります。しかし現実として貯蓄をすることができずに高齢者となった人が多いため貧困者となって生活に困っている話題は尽きません。貯蓄をしたくても子育て、物価の上昇、給料の低さなどから実現できないのです。

貯蓄も無い、年金も無い、年金が少ないとなれば自分で稼ぐしかありません。今現在ここまで年金受給世代が苦労しているのを見て10代~50代は無関心でいるのはリスクです。年月の経過するのは早いのですぐに自分も60代がやってきます。その前にやっておくべきことは自分で稼ぐ方法をいくつか持っておくことです。

幸運にも私達10代~50代はスマホ、パソコンをいつでも使う事ができるし最低限ネットを駆使して問題を解決する術を自然と身につけてきました。最低ベースの事は理解しているので、得意分野を伸ばしてスキルとしておけば収入に繋げられます。過去10年と現在の差はネットを介したビジネスが主体になった点です。

 

10代~50代なら十分スキルを学べる

 

現在60代以上の年代でも少数ですがネットを介して収入を得ている人はいますが少数派です。年金が足りなくて別の方法で収入を得ている人の多数の方法はアルバイト・パートとなっていてお店や会社の非正規雇用として時給で働いている人が多くなっているのが現状です。こうなると肉体的にも、時間的にも厳しくなるので稼げる金額も限られ、精神的にいっぱいいっぱいになっている方が多いです。

そこでこうなる前に早い段階でスキルを身につけて置き専門職、需要の多い職種を選んで安定的に稼げる方法を身につける事で回避することができます。ネットを使った社会は今後も長く続く事は間違いありません。

 

WEB関連の技術をつけておく事で多くの仕事に対応できる

年金の不足をスキルでカバーすればよい

 

年金以外で収入を得る方法として今後の需要を考慮すればネット関連が外せないです。いわゆるホームページに関する技術、チラシとか広告をデザインする技術、ネット広告に関する技術などをまとめたWEB系のスキルを学んでおく事です。これらの技術を持っていない人と、持っている人だと対応できる仕事に差が出てきます。

WEB系のスキルを持っているなら自宅で仕事ができたり、多くの店舗や会社の要因として仕事の求人で採用されやすくなります。年齢が高くてもスキルがあったら採用率が高まるのです。年齢が高くスキルが無いと採用される率はかなり下がるのが現実です。20歳でスキル無し、60歳で高いスキルがあるとしたら「即戦力」を求める会社なら60歳を採用するケースも実際にあるのです。ノースキルだと厳しい時代になってきています。

 

高いお金を出して無駄なスクールを使う必要はないです

 

WEB系の仕事を長年やってきて見てきたから言えるのが、高額なスキル学習スクールがあまりに多かった10年でした。多くのスクールを体験したし、講師として参加したこともあったのですが、そもそもWEB系の学習をする目的はスキルを身につけたら実際に稼げるためです。しかし過去の大半のスキルスクールはそれが「できません」でした。

プロとして(WEBデザイン、ディレクション、ライティング等)長年収入を得てきた私から言わせてもらえば世の中そんなに甘くないです。プロがひしめくこの世界で、素人が稼ぐのは簡単ではないです。

しかし稼ぐには方法があるのでそれを含めて教えるスクールがなぜ出てこないのか理解に苦しんでいました。理由は講師やスクールのスタッフが技術者ばかりで実践に慣れていないこと、フリーランスで稼いでいる人がほとんどない事です。そういうスクールで高額なお金を出して「技術」だけを学んだとしてもそれで終わりです。稼げないです。

なので重要なのは安い料金で実践を教えているところを選ぶことです。スキルを身につけたらそれを「金」に変えられないなら意味を持たないのでそこを確認すべきですが大半のところはそこをカバーしていませんから気を付けてください。

 

「WEB食いオンライン」は稼ぐあなたにする激安+本気スクールです

年金以外で稼げるスキルをつけてください
©Web食いオンラインスクール

 

Web食いオンラインスクール はそれまでの疑問を解決できる本気のオンラインWEBスキルスクールです。まずそれまでのスクールとの差は、月額固定料金で激安ということ。他社だといきなり数万、数十万を請求されたりするのが多いですが、定額制で質問し放題【Web食いオンラインスクール】 は月額1万円程度。安くて誰でも頑張れば受講することができます。

Web食いオンラインスクール は過去にあったWEBスクールをつぶすくらいの意気込みを持っている本気のWEBスキルスクール。時代が進んでネットがここまで普及する中で、WEB系のデザイナー、エンジニア、コーダーやディレクターが不足しているのです。今後もさらに不足は進んでいくでしょう。AIがいくら進化していってもクライアントがある仕事では、技術者が必要です。しかし他社では高額な代金、実践能力の不足から学んでも稼げないという事が多かったことから、Web食いオンラインスクール ではそれを解決するために設立されています。

 

ネットで稼ぐWEBスクールの解説
©Web食いオンラインスクール

 

  • 毎月の代金は1万円程度。他社より圧倒的な低料金で気軽参加
  • オンラインで24時間全国いつでもどこでも学べる
  • いつでもここで終わり!と卒業することができる
  • チャットでいつでも疑問回答で解決できる
  • 自信があるからいつでもすぐに退会できる仕組み

 

定額制で質問し放題【Web食いオンラインスクール】 を使う事で低料金でWEB系のスキルを付ける事ができます。技術面だけを身につけるのではなく、実際に稼ぐ為の実践スキルを含む充実内容なのが注目点です。10代~50代の範囲のうちに早い段階で身につけておき、高齢者になるまでに副業として実践をつけておくと効果的です。

Web食いオンラインスクール公式サイトはこちら です。他社との違い、内容をチェックしてください。ITスキルを持っておけば日ごろのオフィスでの会話、業務にもプラスに働く場面が多くあります。バイト先、パート先でもスキルが役立つ場面が今後も増えていくでしょう。あくまで参考ですがWEB系は月収レベルでもフリーランスで100万円稼ぐ人もいます。

WEBデザインやWEBエンジニアリングは月に10万円程度なら難なく稼げる金額なので、真剣になる気があるなら早くに着目してください。すぐに副業やフリーランスでやろうと思っていなくても、その時になって未経験から受講しても遅いかもしれません。そもそも学ぶのに数ヶ月はかかるので時間があるうちに、やる気が出た時に始めるのがベストです。いつかやろうと思っていてもだいたいは忘れてしまって何も進みません。10年後20年後に未経験で学ぼうと思ってもそこからがスタートになるのでかなり困難に感じるかもしれません。スキルは基本と実践を早くに身につけて経験値を上げていく事で価値が上がって安定もします。

 

地方・郊外・戸建ての畑で作物を作る高齢者

畑で野菜を作る

 

野菜の高騰でスーパーで溜息をつく場面が無いでしょうか、野菜を老後に庭や畑で作るという高齢者もいます。アパートマンションでは家庭菜園をする事もできますが、もし広めの庭、畑を使う事ができれば食材を自分で作って生計の足しにすることもできます。肉、米は無理としても野菜を少しでも自分で作る事ができれば食費を抑えられるでしょう。

 

地方に住めば畑を無償で貸してくれる事も多い

 

都心で畑で野菜を作りたいと思っても難しいですが地方にいけば無償で畑を使えているという事もあります。畑は放置していると荒れてしまうので、人口が減ってしまって放置されている田や畑が増えているのが現状なのです。地方では放置して荒れてしまうよりも誰かに使ってもらう事で土の状態を維持したり、雑草が生えてしまって管理ができなくなるよりも貸す事で維持したいと考えている地主も多くいます。興味があるなら地方自治体のホームページを参照して連絡してみましょう。地方自治体では、移住に関して注力している地区も増えています。

 

パート・アルバイトで絶対必須のスキルも持っておくべき

接客スキルをつけておくと後で困らない

 

WEB関係のスキルを付けるのも苦手、資格を持つために勉強するのも興味が持てない人もいるでしょう。正直私も現在のスキルを身につけるために何度挫折したかわかりません。辿れば10代からパソコンが好きでパソコンそのものを使う事が好きでしたがプログラムとかは苦手でした。現在のスキルを得られたのは仕事で必須だったので無理やりやっているうちに身に付いたものなので、仕事で必要なかったら学ばなかったかもしれません。

どこでも食っていけるWeb人間になれる【Web食いオンラインスクール】 といった安くて誰でも気軽に参加できる技術スクールも無かったので、現場で無知なままで先輩に散々怒鳴られてコキ使われた時代でした。不眠になったり精神的に追い詰められて思い出すのも嫌なほどです。今では楽しくやっていますが結局は嫌いから好きに変わったタイプだっただけです。

中にはパソコンそのもの、ネット関係が嫌いな人もいるでしょう。そうなったらネットを介して稼ぐ方法をスッパリあきらめるほうが良いです。やりたくないことはやめて、現実的なスキルを身につけておくべきです。

 

必須なのは対人スキル。これだけは早くに身につけましょう。

 

多くのニュース、動画を拝見して感じるのが高齢者の対人スキルの低さです。といっても高齢になると健康面、精神面で若いころと同じではない方も多いでしょう。こういう場合は福祉を活用する、相談できる窓口を使いながら生活を維持する方法を選択してほしいですが、健康で体力的にも問題ないのに過去に接客をはじめとした対人スキルが無いせいで働くのが困難だというケースも見受けられます。

接客スキルが多少あれば飲食店でのパートをすることができます。コンビニでも高齢者がイキイキと接客している姿を見る事が多くなってきましたよね。なので接客能力があったら飲食店、販売店などで働きやすいのです。10代~50代で一度も接客をしたことがないなら、副業でも良いので本業以外で経験しておくほうが良いです。高齢者になっても困らないようにするには現実的に「お金を生み出せる力」が重要です。例え貯蓄があってもそれを使う生活を継続していくと人生は長いので最後までお金が続くか分かりませんよね。

接客は飲食店だけではなく他の業者にも共通して使えるスキルです。難しいのは高齢になってから未経験から覚えようとしても難しい事がある点です。高齢になると頑固にもなっている事もあるし、物事の飲み込みも若い頃に比べたら劣るのは仕方ない事です。高齢者に指導するのと、若い人に指導するなら若いほうが覚えるのも早いでしょう。接客経験は長いほうが身についていくので、急に高齢者が未経験からやろうとしたら苦労するのです。なので10代~50代までに経験しておくほうが良いのです。一度覚えたものは身に沁みついているので、高齢になっても経験者は自然と接客ができるものです。また、接客を少しでも経験しているとパートやアルバイトの採用時に有利です。未経験ならやっておいて損はないです。

大きな病気をするかもしれないし、人生何が起こるかわからないので毎月の生活は都度稼いだお金でやりくりするようにしたほうが安心です。老後を考えるのに早すぎる事はありません。思い立ったら今から考えて置けば後で困らないはずです。

 

おすすめの記事